秋だ!一番!クレジットカード祭り
ホーム > 借金 > 闇金から借りた借金は和解できる?!時効とは

闇金から借りた借金は和解できる?!時効とは

金銭についての時効は生業として行っている者に対しては5年、そうでないものについては10年で時効となります。もちろん時効の援用があってのことですし、時効の中断がなかったとしてのことです。フラットに事故から数えて5年10年とすることはできませんが、仮にそれが和解交渉で決められたことであっても、その和解で取り決められたことが履行されなくなってから時効に向かって時間は進んでいます。しかし闇金との和解時効の場合には若干考え方が違ってきます。時効や和解は、お互いが法律を守っている立場であることが前提です。ですから初めから不法である闇金との話し合いにおいて、和解時効などは存在しないのです。元金も合わせて、支払うべきものではありません。しかしもし相手が和解に応じ、その和解についての取り決めを書面に残していたとしましょう。それが闇金の支払いについての和解であるということが明記されず、しかも利息が法定利息ないのもので、個人との交渉で成り立った単に借財ということを表すようなものであれば、それは正当な和解書となってしまう可能性もあります。たとえば闇金からの借金と利息50万円であれば全く支払うことはしなくていいのですが、和解でただ単に50万円を借りたお金をこういった方法で20万円返しますといったものであれば、それについての支払い義務が生じている可能性があるのです。払わなくなって5年もしくは10年で時効となります。闇金との和解などしてはなりませんし、もしするとすれば闇金対応弁護士に相談後、代理人を依頼し、あらゆることを想定して作成されるべきです。