秋だ!一番!クレジットカード祭り
ホーム > 現金化 > 現金化できた!大人ゲーム制作は稼げるかも!?

現金化できた!大人ゲーム制作は稼げるかも!?

大人ゲームで現金化

関連ページ

携帯決済を現金化する方法

 

自分は会社員時代、仕事をやめたくてやめたくて、なんとかして収入を得ようと友人と協力して大人ゲームを製作し現金化に成功したことがあります。大人ゲームの製作に必要なものはまず、ゲーム作るためのソフト。これはアマゾンでセールになっているときにアマゾンギフト券が安くなって販売しているサイトからEmailをを購入しなんだかんだで90%オフくらいで買ったので900円ほどで手に入れました。残りは喘ぎ声などの素材。これは1200円ほどの有料素材をアマゾンで買いましたが、経費としてかかったのはこのくらいです。実働は一ヵ月半ほどでした。現金化する手段ですが、同人ゲーム販売サイトにゲームを登録するだけです。これは簡単なのですが、このときサムネイル用の画像が必要になったりなど、いくらかの慣れは必要かもしれません。ゲームの現金化ですが、まず売値を決めて売るとその半分くらいは広告費として持っていかれます。残りの半分がサークルに入ってくるお金となります。私たちの作ったゲームの場合900円で売ったものが300ダウンロードくらいだったので、27万円から広告費の13万円ほどを引いた残りの現金化に成功しました。自作大人ゲームの現金化にはゲーム製作の知識と絵のスキルが不可欠です。特に絵は売り上げの大きなウェイトを占めることになるので、それなりのものが描けなければ厳しいでしょう。ゲーム製作ツールの使い方自体はやりながら覚えていけばいいので、そこまで揃ったら後は根気との戦いになります。私たちも忙しい会社の隙間を縫ってやっていたので、本当に大変でした。しかし、一作作ってしまえばノウハウのわかった二作目からは時間も半分くらいでそれ以上のクオリティのものが作れるようになるはずです。そうなるとゲームの現金化というのは一度コツさえつかめばわりと稼げるものなのかもしれません。コツとしては商品購入に必要なアマゾンギフト券を販売サイトで少しでも安く購入すればアマゾンでゲームに必要な素材やツールも安く購入できます。